スパムコメントでご迷惑をおかけしないよう、コメントは承認制にしています。
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

惜しい…

頑張ってきたのに、あと数点足りない。。。

しかも170点代だったとか聞くと、もう本当になんというか。
そういう方って少なくないと思います。

おまけに、成績通知をみたら、正解にマークしたつもりが
マークミスが発覚した!とかあるんですよね。。。

あぁ、実に惜しい!!!

運良く180点以上、取れた方もいる一方で、180点以上、
取れてもおかしくないところまできていたのに、180点以上
取れなかったという方も少なくないはず。

もっと言えば、成績通知を改めてみて、なんでこれしか
点数が取れなかったんだろうという方もいらっしゃる
と思います。

単純に合格する力が足りなかったと片付けるのは、簡単ですが、
一概にバッサリと片付けるわけにはいきません。

「力が足りなかった」→「もっと勉強すべき」

こういう単純な図式は、次回の失敗への誘い水みたいなもので、
そんなに物事を簡単には片付けられません。
なぜなら、点数が取れない原因というのは、複数の要素が
絡み合った結果なのですから。
(確かに、力が足りないというのは、その通りなのですが)

そこで、できればもう一度、実際の試験問題を広げて
ご自分の試験当日の状況を振り返ってみて欲しいと
重います。

そして、たまたま正解できた問題、本当は正解できた
はずなのに不正解にしてしまった問題、これを明確にして
みてくさだい。

たまたま正解できた問題は除外し、本当は正解できた
はずだった問題は点数にして算定する。

これが本来あるべき自分の到達点。

次に、本当は正解できたはずなのに、なぜ不正解を
選んでしまったのか、その原因を考える。
単純ミスなのか、その場の思い違いなのか。
はたまた余計なことを付け加えたり、他の制度と混同して
いないか―などなど。

ただ、一言付け加えると、単純ミスも、それまでスイスイ
解けていないから起こり易くなるわけで、力に余裕があれば
ミスをし難いというのはあります。

これらのことを踏まえた上で、初めて何が足りないのかが
わかるということになります。

そう。まずは何が足りないのかを、できるだけ具体的に
知ることから始めましょう。
これをどれだけ明確にできるかどうかが、次の合否の
カギを握っていると言っても過言ではありません。

まだ記憶が残っているうちに、どうぞやってみてくださいね!

2月12日(火)スタート!
meiji03.gif

■ガイダンス 1月31日(木)18:00~19:00 明治大学 和泉キャンパス
 メディア棟5階 M506教室

行政書士合格集中講座
スポンサーサイト
FC2ブログランキングに参加中です。クリックをお願いします! にほんブログ村 資格ブログへ   

テーマ : 行政書士試験 - ジャンル : 就職・お仕事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ベリース

Author:ベリース
rogo
行政書士講座の講師をしています。
合格の芽を出すお手伝いができるよう、日々みなさんと一緒に頑張っていきたいと思います。

ベリースのeラーニング講座
最近の記事
カテゴリー
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。