男性に性別変更した者と子の嫡出推定

12月10日に、性同一性障害により男性への
性別変更の審判を受けた方と、その配偶者との
間の子について、夫の子と推定されるとの
判決が出ました。

民法772条は、「妻が婚姻中に懐胎した子は、
夫の子と推定する。」と規定していますが、
判例は、性別の取扱いの変更の審判を受けた者
についても、この規定の適用を認めたものです。

従前より、妻が婚姻中に懐胎した子であっても、
夫が刑務所に入っているなど、性的関係を持つ機会が
ないことが明らかな場合には、嫡出推定を受けないと
されていました。

そして、性別変更の審判を受けた方も、性的関係によって
子をもうけることができませんから、原審は、嫡出推定を
否定していました。

しかし、最高裁は、性別変更の審判を受けた者については、
婚姻が認められているのだから、その主要な効果である
嫡出の推定を認めるのが相当だとしました。

その結果、性別を変更した男性が、戸籍に「父」と記載され、
メデタシ、メデタシ。

もともと第三者から提供された精子で人工授精して、
妻が出産した子については、嫡出子として届け出が
できるため、仮に、嫡出推定が認められなかった場合には、
不合理な差別になりかねなかったように思います。

ただし、性別変更した女性のことを考えると、
問題は一気に難しくなります。

性別変更した女性は、「懐胎」できないわけですから、
現在の実務・通説を前提とする限り、他人による卵子提供、
代理母出産で子をもうけたとしても、そもそも母子関係が
認められません。

このケースとの整合性をどう考えていくのか…
当事者の立場に立って考えると、非常に不合理だと感じるでしょうし、
かといってどこまで生殖医療を認めてよいものなのか―。

やはり生殖医療技術とどう付き合っていくのか―こちらを幅広く
議論し、早く法的に整備していく必要があるように思います。

うーん、固い話になってしまいましたー。

ま、血がつながっていなくても、私とさくら(ワンコ)は、
性格も気質もそっくり、正真正銘の親子でーす(笑)。
sakura12.jpg

スポンサーサイト
FC2ブログランキングに参加中です。クリックをお願いします! にほんブログ村 資格ブログへ   

テーマ : 行政書士試験 - ジャンル : 就職・お仕事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ベリース

Author:ベリース
行政書士講座の講師をしています。
合格の芽を出すお手伝いができるよう、日々みなさんと一緒に頑張っていきたいと思います。

ベリースのeラーニング講座
最近の記事
カテゴリー
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ