スパムコメントでご迷惑をおかけしないよう、コメントは承認制にしています。
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新制度で合格率初の10%超え!

平成25年度行政書士試験の合格発表がありました。

合格されたみなさん、本当におめでとうございます。

そして、惜しくも不合格となられた方。
悔しさ、やるせなさ、いろんな思いがあろうかと思います。
しかし、この経験も合格へ続く途での出来事の1つ。
次の合格を目指して、前進していきましょう。

さて、今回、新試験制度になって、初めて合格率が10%を
超えました。
これをどう評価するか―これが問題です。

数字を単純に見ると、合格率はアップしていますから
今年は易しかったと評価する向きもあるでしょう。

しかし、平成18年度以降の問題を比較したときに、
平成25年度の問題が特別に簡単だったかというと、
そうではないと考えています。

平成24年度に比べれば解きやすかった、せいぜい
それぐらいのところだと思います。

そして、その平成24年度の合格率はというと9.19%。
でも、この合格率は、没問のために、受験者全員に
1問分の得点が与えられたことが影響しています。

想像の域は出ませんが、没問がなければその前年の
8.05%よりも合格率が低かったのではないか―
そのように推測しています。

他方、このところ行政書士の受験者数は減少傾向にあります。
平成19年度~平成23年度の平均受験者数は、66,659人。
これに対し、平成25年度は55,436人と1万人以上減少しました。

仮に、平成25年度の受験者数が66,659人だったとしたら、
今年の合格率は8.4%になります。
平成19年度~平成23年度の合格率の平均が7.76%ですから、
その差は0.64%にとどまります。

しかも、近時、申込者数に対する受験者数の割合が減少傾向に
あり、勉強が進んでいない層が減っていることを加味すると、
問題の質は、ほぼ標準的なものだったといってよいと思います。

そして、合格率10%超えについては、実はもう1つ、
隠れた要因があるのではないか―。

この点については、また改めて書きたいと思います。
ベリースのサイトに書きました。

申込締切は2/10 善は急げ!
meiji03.gif
ガイダンス 1月28日(火) 19:00~20:00
      2月1日(土) 11:00~12:00
 ※ガイダンスはどなたでも参加できます。(無料・予約不要)  
 ※会場は、駿河台キャンパス(アカデミーコモン11階)
 ※明治大学リバティアカデミーのサイト

通わずにやりたい方はこちら↓↓↓
行政書士合格集中講座
スポンサーサイト
FC2ブログランキングに参加中です。クリックをお願いします! にほんブログ村 資格ブログへ   

テーマ : 行政書士試験 - ジャンル : 就職・お仕事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ベリース

Author:ベリース
rogo
行政書士講座の講師をしています。
合格の芽を出すお手伝いができるよう、日々みなさんと一緒に頑張っていきたいと思います。

ベリースのeラーニング講座
最近の記事
カテゴリー
カレンダー
01 | 2017/03 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。