スパムコメントでご迷惑をおかけしないよう、コメントは承認制にしています。
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『学年ビリのギャルが…』で紹介された記憶法

いやはや、すごい大雪でしたね。

お陰で昨日は雪かきに追われ、体のアチコチが筋肉痛です(苦笑)。

近所では、カーポートの屋根が潰れたところもあり、
ウチも紙一重で難を免れたというところです。

さて、今日ご紹介するのは、
学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話
(2013/12/26)
坪田信貴

商品詳細を見る


という書籍ではなく、この中で紹介されていた“記憶法”です。
2つあって、ホールド法とステップ法。

ホールド法とは、一度覚えようと集中した後で、15秒~30秒、
ぼーっとして、何も考えないようにしてから、
思い出そうとする方法だそうです。

短期記憶の限界が15~30秒であることから、これを超えて
保持する(ホールド)ことで、長期記憶にしてしまおうという
もの。

そしてステップ法は、1を覚えたら、2を覚え、1+2を
覚えたら、3を覚え、1~3を覚えたら、4を覚え…と
ステップを踏んでいくやり方。

ステップ法については、私はかったるく感じてしまいますが、
ホールド法は、理に適っていて、やる価値大といったところ
でしょうか。

次回は、私のやり方をご紹介したいと思います。

スポンサーサイト
FC2ブログランキングに参加中です。クリックをお願いします! にほんブログ村 資格ブログへ   

テーマ : 行政書士試験 - ジャンル : 就職・お仕事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ベリース

Author:ベリース
rogo
行政書士講座の講師をしています。
合格の芽を出すお手伝いができるよう、日々みなさんと一緒に頑張っていきたいと思います。

ベリースのeラーニング講座
最近の記事
カテゴリー
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。